×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

seadragon top image

ショップの選び方

(PADI編)

 

海龍亭本館 トップに戻る

seadragon annex 海龍亭 別館 

  

ショップ選びのポイント

プール講習

 

カギはプール講習にあり!

さて、ここからは講習についてのチェックポイントです。

ダイビング講習の中で最も重視すべきは“プール講習”です。プールでいかにきちんとテクニックを身につけておくかが、海洋実習やさらにはCカード取得後のダイビングに大きく影響してきます。


したがって「プール講習を重視しているショップ」はショップ選びの大きな判断材料となります。 では「プール講習を重視しているか」をどう判断すればよいでしょうか?


まず下の図を見てください

eaDragon のプール実習に関する考え方

 

PADIの基準では(最低条件)1日のうちに全てのプール実習を終えるプログラムを組むことは可能です。

eaDragon ではどんな優秀な受講生であっても最低2日間に渡るプログラムを組みます。

これは 経験上 人間は一度寝ないと本当に習熟したのかしていないのか判らないと考えるからです。

前日全くできなかったことが、翌日嘘のようにすんなりとできてしまうということは実によくあることなのです。

 

また 体力的にも大変な上、ダラダラと時間を掛けるのは集中力をなくしものごとの上達を妨げます。

 

また「プールでできないことが自然環境下の海でできるわけがない」という考え方から 実際に海洋実習を実施する前に 何度でもインストラクター・受講生の双方が納得のいくまでプール実習を行います。(追加プール実習は 実費のみを頂くことがあります

 

 

 

これはプール講習で行う講習内容です。ぱっと見ただけでかなりのボリュームがありますよね。まずはショップで、これらについて「どんなテクニックで、なぜそれを覚えなければならないのか」を尋ねてみてください。

あなたが学ぶ一つ一つのテクニックには、それぞれ重要な意味があります。プール講習をきちんと行っているインストラクターであれば、「そのテクニックがどんなときに役立つのか」をきちんと説明をしてくれるはずです。


またそれを理解した上で習うことは、あなた自身にとってとても大切なことですから、きちんと説明してくれるショップを選びましょう。

もう一つの目安は「時間」です。一つ一つのテクニックを練習しマスターするまでには、ある程度の時間がかかりますが、個人差やコースの人数比によっても変ってきますので、所要時間は決まっていません。

もしそのショップが 「プールは○時間以内に終わります」 とか 「○時間あれば十分です」 などと時間を約束するようなことがあれば注意が必要です。

 

PADIプログラムの最終目標はテクニックをマスターすることですが、そのショップでは「時間内に終わらせること」を最優先に考えている可能性があるからです。
「完全にマスターするまで何時間でもお付き合いしますよ。」と言ってくれるショップの方が安心です。

 

copyright ©2006 club SeaDragon all rights reserved