×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

講習コースの案内

目  次

  1. 世界最大の潜水指導団体 PADI と  SeaDragon の関係

  2. PADI 講習体系の フローチャート

  3. SeaDragon の特色

  4. 入門者レベル の代表 Open Water Diver Course の実例

  5. やるからには ここまで目指したい Dive Master

 

 『 ショップの選び方 』 

  (PADI編)

 

海龍亭本館 トップに戻る

 

seadragon annex 海龍亭 別館

 

 

 

 SeaDragon PADI 5スター・ダイビング センター登録番号 S-6200 )です。 PADI とは米国に本部を持つ、世界最大の潜水指導団体で Professional Association of Diving Instructor の略です。

 世界には数多くの潜水指導団体があり、特に日本では何と数十もの潜水指導団体があると言われています。しかしながら PADI 広報誌によりますと、PADI が世界中のダイバーの約60 -70%近くを占めているそうです。 特に Indo Paciffic 地区ではなんと80 - - 90%近くのシェアを占めているそうです。PADI 自身の広報誌の数字ですからオーバーな数値である可能性はあるのですが、PADI がレジャー・ダイビングの世界で常にリーダー・シップを取ってきた団体であることは間違いありません。

 5スターの名称はPADI 所属のダイビング・センターやダイビング・サービスのなかからソフト・ハード面でも特に優れたものに与えられる名称です。 したがって当然のことながら、SeaDragon では PADI の教材・基準に基づいて講習を実施しています。

 それでは PADI コース・チャートをご覧ください。 PADI本部 PADI-Japan のWebサイトにも似たようなチャートがあるのですが、ここではSeaDragon の顧客層に合わせて判りやすくアレンジしなおしてあります。

  さて PADI-Japan のWebサイトのなかに「ショップ選び」に関する記載があります。単にリンクを張るだけでもよかったのですが、内容はそのままで SeaDragon としての対応・考えを対比して見れるようにアレンジしてみましたので こちら『ショップの選び方 (PADI編)』からご覧ください。

   

 

御免なさい、まだ工事中です・・・

 

 

 

 

 

 

 

copyright ©2006 club SeaDragon all rights reserved